機械が、発達してしまった世の中で

昨今は、機械が発達してしまいました。あーぁ、このような後悔の念を抱いているのは、私だけでしょうか。
いいえ、きっと、そのようなことは、ないと思うのです。今や、スマホやアプリと言いました言葉が、日常の生活の中で使われていたとしましても、おはがきやこのシーズンですと、クリスマス・カードをいただいても、それも、手書きのもので、送り主の温かい心が、遠く地理的に離れていたとしましても、感じることが出来て、私だったら、うれしいだろうなぁと思うのです。
あー、今年、誰かから、クリスマスプレゼントやクリスマスカード、もらえないかなぁ、欲しいなぁ。もし、喜ばせていただくと、私だって、喜んでお返しをすると思うのです。
さてさて、本題に戻りまして、機械が発達した今日だからこそ、このようなクラウド・ソーシングだって、一般の人々に使用が可能なわけです。機械が発達したこと、これが、悪いことばかりでは、ありません。
現実のところ、今日のお昼ごろに、私は、初めて日記記事の募集を知り、喜んで作業を始めまして、不器用ながら、今で早、うれしことに、10件目です。パソコンが、もし、普及していなかったら、1個人が、このような作業が出来ないかもしれません。いいえ、きっと、出来ないでしょう。
そのような世の中ならば、相変わらずオフィスで、紙の伝票整理の仕事が残っていたかもしれません。それは、それで、楽しいしうれしいし、私からしますと、取り組みやすいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です